中国輸入ビジネスをオススメする5つの理由

どうも、アルトです。

輸入ビジネスは主にeBay輸入中国輸入の2つに分けられます。
その中でもここでは中国輸入ビジネスをオススメする5つの理由を紹介します。

中国輸入ビジネスは正しい方向性を持って実践していけば必ず成果がでるビジネスモデルですので是非このコンテンツを参考にして中国輸入ビジネスについて理解を深めていきましょう。

 

中国輸入ビジネスとは

中国輸入ビジネスは非常にシンプルなビジネスモデルとなっています。

中国から価格差が見込める商品を仕入れ、日本のECサイト(Amazon・ヤフオク等)で販売し収益を生み出すことで成り立ちます。

この価格差が見込める商品が自分の収益に繋がりますので、しっかりと選定することがポイントとなります。

 

中国輸入ビジネスの魅力

語学力が不要

中国輸入ビジネスは主に中国語・英語を使ってリサーチと仕入れを行いますが、ほぼ使うことがありません。

リサーチではグーグル翻訳を使ってリサーチを行い、輸入代行業者とは日本語が話せる中国人担当者に依頼するのでやり取りもすべて日本語になります。

eBay輸入では英語を使ってのやり取りが基本なので中国輸入は比較的取り組みやすくなっています。

日本人特有である言語の壁を気にせず取り組めることが中国輸入ビジネスをオススメする理由の1つです。

 

小資金から始めることができる

なぜ小資金から始めることができるのか。

それは日本と中国の物価の差が大きく、商品単価が1点数百円〜の仕入れがほとんどだからです。

中国輸入とよく対比されるeBay輸入では商品単価が1点1万円〜になるので輸入ビジネス初心者はチャレンジするのに躊躇ってしまうのではないでしょうか。

実際、私も最初はeBay輸入に取り組んでいく予定でしたが中国輸入の小資金から始めることができるということで中国輸入ビジネスにシフトチェンジしました。

 

輸入のリードタイムが短い

eBay輸入は欧米からの輸入に対して、中国輸入は言葉そのまま中国からの輸入であるため物理的な距離も近く仕入れた商品が日本に輸入される所要日数が断然短いです。

目安のリードタイムは約2週間。長くても3週間で日本に商品が届くので、これは中国輸入ビジネスならではのメリットです。

 

OEM商品開発ができる

こちらも中国輸入ビジネスならではのメリット。

OEM商品開発を簡単に説明すると中国で販売している商品に自分のオリジナルロゴを印字しAmazonで独占して販売することができます。

中国輸入ビジネスを進めていく上ではOEM商品開発に着手することを強くオススメします。

 

自動化の仕組みを構築できる

利益を拡大させていくためにもすべての作業をひとりでこなすことには限界があります。

そのためにも外注化という仕組みを利用することで効率化を図れることができます。

商品リサーチや出品手続き、自分以外でもできる簡単な作業は外注スタッフに任せることで大幅に減らすことができます。

中国輸入ビジネスを進めていく上で外注スタッフを雇って自動化の仕組みを構築することも視野にいれておきましょう。

 

最後に

中国輸入ビジネスの仕組みは非常に簡単です。

是非このコンテンツで紹介した中国輸入ビジネスをオススメする5つの理由を理解した上で、具体的な作業の実践に移っていきましょう。

 

もし内容で不明な点や相談がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。
では最後までお読み頂きありがとうございました。

大阪府出身の21歳。規定のレールに沿ったような人生は送りたくない。そんな思いから大学在学中、就職活動の傍ら興味本位で始めた中国輸入ビジネスをきっかけに就職活動を破棄し起業。今では安定的に月収10万円以上を稼ぎ出し、色々なことにチャレンジするための「時間的余裕」を確保しています。
詳しいプロフィールはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です