【中国輸入】リードタイムを意識する3つのメリット

どうも、アルトです。

リードタイムという言葉はご存知でしょうか。

リードタイムは中国輸入を含め、
物販ビジネスでは非常に重要な要素となります。

ここでは特に中国輸入ビジネス初心者に意識して欲しい、
リードタイム』について紹介します。

キャッシュフローやビジネスの加速に大きく関わる要素なので、
リードタイムについて理解を深めておきましょう!

 

リードタイムとは

商品を発注してから納品までの期間のこと

ビジネスでは上記のように定義付けられており、
流通系企業やメーカー等で用いられるビジネス用語となります。

中国輸入の場合、目安のリードタイムは2週間前後となります。

 

例えば…

4月1日に商品を発注し、2週間後の15日に納品されるとします。

その場合、リードタイムは14日ということになります。

 

 

リードタイムが重要である理由

リードタイムを意識することで得られるメリットは下記の通りです。

 

  • キャッシュフローの良化に繋がる
  • 販売機会を逃すことがなくなる
  • 好循環を生み出せる

 

上記のようにリードタイムを意識することは、
物販ビジネスを進めていく上で重要なポイントとなります。

では次にその3つのメリットについて解説します。

 

キャッシュフロー良化に繋がる

リードタイムが短いほどキャッシュフローの良化に繋がります。

通常2週間前後で納品予定だったのが、
3週間後に納品されるとします。

結果、一週間分の販売機会を逃すことになり、
その期間に取れる利益を取りこぼしてしまうのです。

クレジットカードの支払日にお金が用意できない。
そんな事態になり兼ねません。

リードタイムが長いほど、
キャッシュフローの悪化に繋がってしまうのです。

 

販売機会を逃すことがなくなる

Amazonで販売していく上で、
ライバル増加、価格破壊は避けては通れない道です。

リードタイムが一週間違うだけでライバル増加・価格破壊が発生し、
利益がゼロ、売れ行きが悪くなるような状況に陥ってしまう可能性もあります。

そんな状況に陥らないためにも、
早く納品して早く売りさばいてしまいましょう。

 

好循環を生み出せる

リードタイムを意識することによって、
最終的にビジネスを加速させる好循環を生み出せます。

特に中国輸入ビジネス初心者は、
このリードタイムを意識して進めていくことが重要となります。

 

リードタイムの改善策

リードタイムを短縮するための改善策は2つあります。

 

  • 輸入代行業者を見直す
  • グレーな商品を仕入れない

 

ではこの2つの改善策について解説します

 

輸入代行業者を見直す

一番のリードタイムの改善策としては、
輸入代行業者を見直すことでしょう。

3週間、4週間もかかってしまっているのであれば、
一度、見直すことを推奨します。

 

グレーな商品は仕入れない

グレーな商品とは、
輸入禁止物や輸入の法律に関わる商品のことです。

輸入商品は必ず税関に通しますので、
グレーな商品と判断された場合、納品が遅れてしまいます。

なのでグレーな商品を仕入れることは、
避けておきましょう。

 

最後に

以上がリードタイムを意識することで得られる3つのメリットについてでした。

このリードタイムは中国輸入ビジネスで非常に重要なポイントとなりますので、
意識した上で中国輸入へと取り組んでいきましょう!

 

もし内容で不明な点や相談がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。
それでは最後までお読み頂きありがとうございました。

 

追伸

ブログランキングに参加しています!
中国輸入に関する情報や日常での気づきを発信しています。

良ければポチッと1クリックお願いします!!

大阪府出身の21歳。規定のレールに沿ったような人生は送りたくない。そんな思いから大学在学中、就職活動の傍ら興味本位で始めた中国輸入ビジネスをきっかけに就職活動を破棄し起業。今では安定的に月収10万円以上を稼ぎ出し、色々なことにチャレンジするための「時間的余裕」を確保しています。
詳しいプロフィールはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です